関川関所祭り

妙高高原にほど近い関川宿。そこにある歴史遺産「関川関所」にて行われる「関川関所祭り」も今回で22回目を数えました。
その様子をご覧ください。

関川関所について

当初は、高田藩の口留番所でしたが、元禄十年(1697)に幕府の重き関所の1つに位置づけられ、高田藩が管理することになりました。
一般に「入り鉄砲と出女」といわれた関所の取締のうち、関川関所では、出女の取り調べに重点が置かれていました。女性の取り調べは、常勤の「人見女」と呼ばれる地元の老婆が担当しました。
関所は、明け六つ(午前六時頃)〜暮れ六つ(午後六時頃)まで開門し、越後から信濃へ向かう場合、男性は往来手形、女性はそれに加えて高田藩が発行する関所手形が必要でした。
門をくぐった先に流れる関所が国境で、当時は川に架かる一ノ橋、二ノ橋、三ノ橋を越えて信濃に入りました。

thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb
thumb

TOP