秘湯「燕温泉」

2016.12.07

標高1100mの温泉街

今回訪れた温泉は、新潟県妙高市にある「燕温泉」です。
なんと標高1100mの場所にある温泉街です。
上杉謙信公の隠れ湯として多くの武将もここで体を癒やしたといわれています。

燕温泉といえば、「黄金の湯」や「河原の湯」が有名ですが、野天風呂のため、冬場のこの時期は残念ながら利用ができません。
ですが、薄い乳白色の湯冷めしにくい泉質は、近隣の温泉でも味わうことができます。

冬場ならではの絶景

私が行ったのは燕温泉街にある「ホテル岩戸屋」。
12月にもなるとかなり冷え込んでいるものの、雪景色はこの冬場ならではの醍醐味ですね。

こちらの「石うすの湯」、公式サイトにも書かれていますが、100%源泉かけ流し、温度調整や循環をしていないまさに「生の温泉」です。

http://www.hotel-iwatoya.com/spa/

雄大な冬景色を見ながら、ゆっくりとした時間を過ごさせていただきました。

キーワードタグ

<温泉>に関する記事をもっと見る

このエリアの記事をもっと見る