黄金の湯

2016.12.01

黄金の湯

燕温泉に行ってきました!

友人からは、「秘境」と聞いていたので、ちゃんとたどり着けるか心配でした。
でも、迷うような山道ではなくて、道路も舗装されていてよかった~(;^_^A。

無事に着いたところで、さっそく露天の「黄金の湯」へ。
駐車場からは、上り坂なので、10分弱歩きました。
(息が切れてしまい日頃の運動不足を痛感・・・。)

燕温泉は白いお湯がウリなのに、なぜか名前は「黄金の湯」。
インターネットでは、混浴という情報もあったけど、ちゃんと男女に分かれていて、「よしず」でつくられた脱衣所もありました。
(予想よりもきれいでよかったです。)

天気は曇っていたけど、時々日が差して、白いお湯がキラキラ✨
「黄金の湯」ってそういうことか!
確かに、紅葉の時期に晴れていたら、その名にふさわしいだろうなって思いました。

妙高市のパンフレットを見たら、温泉ソムリエ(家元!)が、「硫黄泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉のトリプル美人湯」と燕温泉を紹介していましたが、実際、硫黄のにおいは強めで、肌はツルツルになったし、効きそう♡

わたしは硫黄のにおいも平気なので、とってもいいお湯でした(*‘∀‘)
しかも、これが無料なんて、本当にありがとうございます。

また行きます!

キーワードタグ

<温泉>に関する記事をもっと見る

このエリアの記事をもっと見る