今だけの風景

2018.11.20

12_観光商工課 12_観光商工課

新井の原風景

新潟市万代のレインボータワーの解体がニュースになっていますが、妙高市でも一つの「ランドマーク」が消失しつつあるのをご存知でしょうか。
ダイセル新井工場の特徴的な煙突がその役割を終え、解体が始まっています。
今は日を追うごとに短くなっています。新井の目印がいつまで見られるのか、気にかけています。

キーワードタグ

<イベント>に関する記事をもっと見る

このエリアの記事をもっと見る